男性の身体は年齢と共に増加する男性ホルモンの影響で髭が濃くなっていきます。

20代前半の頃は何日かに1回しか髭剃りしなかった人でも、年齢を重ねていくうちに「髭剃り直後でも青髭が目立つようになった」という事はよくある話ですね。

 

一方で、最近は男性でも髭やムダ毛に気を使う人が多くなって髭脱毛をする人が増えてます。クリニックで働く関係者の話を聞いても、髭の処理をする男性が急激に増えて、新規店舗を出店しても、すぐに予約がうまる状況のようです。

 

髭脱毛 方法

まずはどんな方法で髭脱毛が出来るのか、方法別にメリット・デメリット挙げてみました。

方法 場所 効果 メリット デメリット
家庭用脱毛器 自宅など 自宅で手軽に出来る
髭以外にも利用出来る
痛みが少ない
効果が低く時間がかかる
再度発毛する事がある
光脱毛 サロン 痛みが少ない サロンに通う回数が多い
再度発毛する事がある
電気針脱毛 一部のサロン 効果が高い 1回の施術に時間がかかる
施術に痛み
レーザー脱毛 クリニック 効果が高い
医療スタッフ常駐の安心感
施術に痛み

 

いかがでしょうか。

 

自宅で手軽に使用出来る家庭用脱毛器は肌への負担が低い代わりにの効果も低くなってしまいます。ただし、髭以外の部位の脱毛に使える事や家族で共有する事も可能なのが大きな魅力ですね。

さらに、エステやクリニックに抵抗がある人、それらに通う時間が確保出来ない人などにとっては重宝します。

ただし、効果が出るまでの期間が長くなる事を留意しておく必要があります。

 

​対極にあるのがレーザー脱毛。肌への負担があるので医療行為とみなされ、医師が在籍するクリニックでの受診が必要になります。

そのため手軽さはありませんが効果はピカイチ。脱毛完了までの期間も一番短いのも特徴です。

髭は顔にあるパーツなので、医療スタッフがいるクリニックでの処置が安心でもあります。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので、各自に合った髭脱毛方法を選ぶ事が重要ですね。

 

 

おすすめの髭脱毛

おすすめとして、人気の医療クリニック2つと、家庭用脱毛器の代名詞とも言える機器1つをご紹介します。

メンズリゼクリニック(医療クリニック)

 

メンズリゼクリニックの詳細はこちら

医療用レーザーの使用で確かな効果が期待出来る医療機関
毛質に応じて3種類の機器を利用
医師による無料カウンセリング。勧誘行為は一切なし
男性専用のクリニックとして新規店舗出店拡大中

メンズリゼクリニックの詳細はこちら

ゴリラクリニック(医療クリニック)

 

ゴリラクリニックの詳細はこちら

医療用レーザーの使用で確かな効果が期待出来る医療機関
痛みを我慢したくない人には笑気ガスの麻酔あり
更に痛みが少ない蓄熱式のメディオスターNeXT PROの導入あり
男性専用のクリニックとして新規店舗出店拡大中

ゴリラクリニックの詳細はこちら

ケノン(家庭用脱毛器)

 

ケノンの公式サイトはこちら

家庭用の機器としてダントツ1位の売上を誇る販売実績
クリニックに通う時間がない人は自宅で出来るのが便利
髭意外の部位や家族とのシェアも可能
ランプカートリッジの交換も可能で長く使える

ケノンの公式サイトはこちら

 

髭脱毛 後悔しないために

機器の購入にしてもクリニックに通うにしても、それぞれ費用がかかります。

サロンで光脱毛を始めたけれど通いきれなくなった等の理由でクリニックに乗り換えたという人が意外に多かったりします。

余分な出費をしないためにも、先を見越しての方法選択が望ましいですね。

 

転勤や婚活の予定がある人は第一印象が肝心ですから、髭脱毛を検討中の人は計画的に考えておくといいですね!

 

 

 

 

© 2017 髭 脱毛 rss